豪雪地帯でおいしい雪遊び

冬の「おいしいレジャー」を考えた

田舎に来てからというもの

春は山菜、夏は渓流釣り、秋はキノコ狩りといった

季節の味を楽しむ外遊びがひとつの楽しみになっているのですが、

やっぱり「アウトドア×おいしい」というパターンが好きみたいです。

でもせっかく四季を楽しめる田舎に来たので

冬は冬で子供と楽しく外遊びをしたいなぁと考えていて

そんな折にふと思いつきました。


それが、






『冬のサバイバル飯(めし)!』



何をするかというと、冬にわざわざ冷蔵庫の食材を持ち出して

雪の上で焚火とかしながら

その焚火で暖かいものを作って食べるという、なかなかネイチャーな遊び。

ということで、家族で唯一そういう遊びに付き合ってくれる5歳の次男坊を連れ出して行ってきました(笑)

家の近くでレッツ!サバイブ!

まずは火起こしだ!

食材とアウトドアグッズをリュックに入れていざ出発。

次男君と雪遊びをしながら程なくして目的地に到着。

火はガスコンロでもいいのですが

荷物がかなり嵩張っちゃうのと

「現地で火起こしってなんか良いよね」

という男のロマンから、火を起こす所からスタート。

これはファイヤースターターというアウトドアグッズで

写真のような、ほぐした「麻ヒモ」とか「ティッシュ」に着火すると

いとも簡単に火が付くんです。

そして小枝とかを足しながら焚火を大きくしていくのですが、

まだまだ途中で鎮火してしまうことが多く、火起こしは奥が深い…

今回は乾燥した木を持参したのでうまくいきました!

良く燃えるシラカバの皮を敷くと失敗しにくい





うますぎ!冬の焚火めし

ウィンナーを焚火で炙りながら

レトルトコーンスープのお湯をつくります。

真上で焼くとススが付くので少し離して炙るのがコツ



アルコール燃料のバーナーでお湯を沸かす


焚火で炙ったウィンナーに、湯気の立つコーンスープ。

いい顔!(笑)



「外で食べると2割増しでおいしい」とはよく言いますが、冬は10割増しでうまいことがわかりました(笑)

焚火っていいですよね~、でも消火と後始末は忘れずに!

食後の雪だるま作り

お腹も満たされたところで、まだ遊びたいというので二人で雪だるま作り。

雪を転がしているうちに段々(僕が)アツくなってきて、

「せっかくだからデカいのをつくろうや!」となり、

そこそこなサイズの雪だるまが完成!!

形もGood

最後に顔と手をデコろうとしたところで

次男君お得意の「ウ〇コでる」発言で強制帰宅。

何とかギリギリ間に合いました、遊び場が自宅の近くで良かった…

最後に

もう少し雪が積もったら、

「チーズフォンデュinかまくら」とかも楽しそうですね。

またおいしいプランを考えてみよう…。

それでは次回をお楽しみに!!!


~楽しんでいただけましたらシェアお願いします!~