大滝ナイアガラの滝を見に行く

最大幅80メートルの滝

伊達市の飛地合併地区の大滝区(旧大滝村)には最近観光地としてグイグイ来ている滝スポットがあります。

その名も『大滝ナイアガラの滝』

そんな滝の魅力をお伝えします。

滝の場所はココだ!

場所は洞爺湖と支笏湖のちょうど中間あたり。

Googlemap引用


※拡大図

Googlemap引用

ちなみに、名前の由来となったカナダにある「本物」と比べたら絶対駄目ですよ!(笑)

カナダのナイアガラの滝

滝までのアクセス

南側方面(室蘭や伊達市街)からも、北側方面(札幌・千歳)からも、来る際はひたすら大滝区を通る国道453号をまっすぐ走ってくるだけでOK。

滝の入口にはこのような目印があります。

ナビを利用の場合は「大滝中学校」で検索すると良いかも。
(中学校は2018年度で閉校したのでそのうちナビから消える可能性あり…)

交通機関なら道南バスの「大成橋」が目的地の目の前に停まる。
(対象路線は伊達-倶知安)

国道から目印のT字路を曲がると、すぐに川の看板と橋が。

左側にこんな看板があって、更に奥に進むと2018年に出来た砂利の駐車場が広がります。

ちなみに、左ではなく右側に曲がると(旧)大滝中学校や無料休憩所の「キートス・マヤ」がある。
※この休憩所には綺麗なトイレと自動販売機がありますよ

駐車場スペースはこんな感じ。

看板には「ナイガラ」と書いてますが、私達は「ナイガラ」と呼んでいるので注意(どうでもいい

毎年整備しているウォーキングコースということで、滝を見るだけでも利用者名簿の記入をお願いします。

このボックス、実は私が(仕事で)ほとんど手作りで作成したんです!

D・I・Yというやつですね、のんびり隙間時間にやってたら完成まで半年かかりました。誰か褒めてください。

滝を見に行こう

ウッドチップが敷かれたコース

このコースは毎年ウッドチップが継ぎ足しで敷かれていて、とっても綺麗なウォーキングコースに仕上がっています。

ちなみにコースは3キロ、5キロ、8キロと用意されている。
※滝を見るだけなら片道800メートル

そしてこのウッドチップ。

なにかの廃材で作っているのかと思いきや、地元産のカラマツの木を粉砕して作っているそう。
※節が多くて木材にならないカラマツを有効活用しているんだとか

仕事でこのチップを撒く作業に参加したことがありますが、なかなかの重労働でした(笑)

綺麗なコースの裏側には大変な労力があるんですね。

色々あるぞ!森の中

コースには所々に看板があったり、運が良ければリスやミヤマクワガタも見つけられます。

目を凝らしながら歩くと色々楽しめるますよ。

そしてコース沿いには長流川(おさるがわ)が流れていて、滝を見る前から結構いい景色が続きます。

コース中には小さな池も。

一本目の橋。

もう少し歩くともう二本目の橋があって、そこの川がすごいんです。

見てください、このオレンジ色!

この川の上流には北海道百名山になっている徳舜瞥山(とくしゅんべつやま)があって、そこが昭和時代には鉱山で栄えた場所。

未だに鉱山物質が染み出していて、そのサビ(?)の色だそう。

この「赤い川」も隠れ人気スポットになっています。

少し進むと左のカーブがあり、滝はもう目前!

大滝ナイアガラの滝に到着

大滝ナイアガラの滝

到着しました、大滝ナイアガラの滝!

最近木の柵も取付完了し、観光地っぽくなってきましたよ。



滝を上から見るとこんな感じ。

ドローンの空撮映像

写真では伝わりにくいですが、なかなかの水量と音量。

撮影時の水量はかなり少ないほうで、雪解け時期や大雨の後は、岩が全部隠れるくらいの激しい滝になります。

2018年台風後のナイアガラの滝


正面以外にも滝のビューポイントが何カ所かあるので、お好みの場所から気が済むまで写真撮影しましょう。

滝の歴史

この「大滝ナイアガラの滝」、30年前はちょっとした段差しかなかったそうで、カヤックで下れる程度のものだったらしい。

地盤が緑色凝灰岩(りょくしょくぎょうかいがん)、英語で言うとグリーンタフという柔らかい地層なので、毎年少しずつ削れたり崩れたりしながら滝になったということらしい。
※昨年も台風&大雨で滝の形状がかなり変わった

毎年少しずつ形が変わるというのも面白いポイントですね。

森林浴と有酸素運動、そして滝のマイナスイオンで駐車場に戻ったころには心も身体もスッキリ。

頻繁に通っている私がイチオシするポイントなので、是非行ってみてください!

【最後に】

駐車場の写真にも注意書きが写っていますが、残念ながら度々車上荒らしが発生しています。
※窓ガラスを割ってバッグや貴重品を抜き取る手口

人通りの少ない場所でもあるので、駐車の際は貴重品を置きっぱなしにしないようにしましょう!


~楽しんでいただけましたらシェアお願いします!~