紅葉を見に行こう【大滝ナイアガラの滝編】

一足早い紅葉シーズンがやってきた!

秋と言えば紅葉狩り

僕の住む伊達市大滝地区にも紅葉のシーズンがやってきました。

大滝はそこそこな山の上(標高300~400m)にあって、他の地域よりも寒冷地なので少し早く紅葉が楽しめるんです。

山に囲まれている場所なので、紅葉ハイシーズンは絶景だらけですよ!

大滝ナイアガラの滝の紅葉を見に行く

滝までは駐車場から徒歩で800メートル

まずは観光名所となってきた「大滝ナイアガラの滝」が紅葉し始めたので、紹介したいと思います。

滝の近くにある駐車場までのアクセスは以前紹介した
コチラの記事で紹介していますので参考まで。

早速、ウッドチップの敷かれたノルディックウォーキングコースを歩いて行きましょう!

ちなみに、すべて同じ日に撮った写真ではないので、参考程度にご覧ください。

ウッドチップの敷かれたコース

森の中にあるノルディックウォーキングコース。

フィンランド発祥のノルディックウォーキング(ポールを使って歩く健康促進運動)を初めて日本で本格的に始めたのがここ大滝らしい…!

川のせせらぎと森の香りに野鳥の声。


適度に補装された道を歩いているだけでリフレッシュできます。


めちゃくちゃ美味しそうなキノコも生えてましたよ。



皆さんの観賞用ということで、今回はそっとしておいてあげましょう(笑)

一本目の橋。
所々紅葉が始まってきました。

紅葉と赤い川

そして二本目の「赤い川」の橋。

鉱山から染み出たサビ(?)の色と紅葉の色が素敵で、意外と人気のあるポイントなんです。

そしてこの橋を越えた左カーブの先に「大滝ナイアガラの滝」が見えてきます。

幅80メートルの滝は絶景

滝に到着しました!

撮影日の水量・紅葉はまずまずといったところでしょうか。

大雨の後なんかはもっと巨大な滝になります。
滝の前に柵も設置されて、更に観光地らしくなってきましたね。

正面から



すこし上流側から

滝周辺は特に気温が低いので、紅葉するのもその分早いようです。

他にも滝を見るポイントがあるので行ってみましょう。

上流側から



下流側から

まだ紅葉は序盤ですが観光客が多くなってきました。

ハイシーズンになるとツアーバスも頻繁にくる絶景スポットなんです。

最後はドローンによる空撮の一枚。

ドローン空撮

こんな素敵な滝はなかなかありませんよ!

僕も頻繁に行きますが、毎回癒されます。
皆さんも是非一度癒されてください。

最後に

森の中をのんびり歩き、滝を見てひと休憩。

素敵な休日となること間違いなしですが、 このノルディックウォーキングコースは 冬季になるとクロスカントリースキーのコースとして整備されます。

例年通りだと11/1~12/24の期間は閉鎖されますのでご注意ください!
※近くにある無料休憩所も閉鎖されます

冬季は「大滝ナイアガラの滝」の氷瀑が観れますので、素敵な雪景色と合わせてまた紹介したいと思います。

それでは次回をお楽しみに!!


~楽しんでいただけましたらシェアお願いします!~